スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

先程の続き 

馬房を発見して中を見るともぬけの殻・・・・・

はて?どこ行った?第一に人もいないし・・・・・

取りあえず誰かいないかと外に出てキョロキョロ

あ、馬に乗った人たちが山の方から下りてきた。

ちょっと待ってるとコンニチワ~のあいさつ^^

そこに馬を引いて歩いてる牧場の方がいたのでカプリースの13みたいんですけどと聞いてみると。

マシンか?放牧されてますとの事、そしてしばらくするとその方が、ちょっと離れたところにいますというので、

ダッシュ気味に馬の近くまでよく見ると頭絡の所に名前が



あーいたぁ^^;

いたよ。朝に決めてから2.5H君に会いに来たんだよ~。

しばし顔をなでたり馬体を見たり、頑張れよ~と声をかけたり。

感動のひと時でした。

やはりいい馬体だ

やはり馬体のバランスがいいなぁと思いながらも、まだなんか子どもっぽい馬体でしたね。

坂路で鍛え上げたら変わるのかな?

それとカプリースの13牧柵しきりに噛んでたなぁww

この癖ってあまり良くないんじゃ無かったっけ?空気をガァッポって鳴らしながら噛んでた。

誰か直してくれー。

牧場滞在時間10分程、帰りも2.5H程かなりの強行策で行ってきました。

でも、一番は自分のリフレッシュだったような気がします。

北海道にいるけど、中々牧場まで脚を運ぶ機会が無かったのでかなり新鮮でした。

明和のKEIBA CLUBはちょっとしか入らなかったけど美術館みたいだった。

今度はゆっくり行って見たいなぁ。

何時か又いきます。

調教の評判が良ければ又かっとばしちゃいます。



スポンサーサイト

[2015/01/27 17:05] 一口馬主 | TB(0) | CM(3)

昨日マイネカプリースに会いに行ってきました。 

体が開いたので会社を半日ほど休み。自宅からを2.5H程かっとばし向かうは新冠のビックレッドF明和牧場。

もともと行く予定はなかったので、突然の強硬策。俺って自分で言うのもなんですが実は行動派かも

突然行く気になったので、牧場の予約はしてないし明和は一回も行ったことないし・・・・

でも、10時過ぎた頃には新冠に到着、あわてて牧場見学のして、10時30分には牧場に到着。

牧場訪問自体しばらくぶりなもんで、うわぁきれいだなーっと思わず声が出てしまった。

やるなビックレッドFと内心関心してしまった。

そして、カプリースの場所を聞くと受付からすぐとの事、あわくって車に乗り込みカプリースの13に会えると思うとウキウキしていました。

車を止めて厩舎らしきところに声を出して入っていくと誰もいない・・・・・・

でも、マイネルの馬の厩舎は間違いないし、ここのどこかに

発見です。マイネカプリースの馬房あれ?


ん?なんでか写真がでかい。

次の記事に続きをかきます。




[2015/01/27 16:48] 一口馬主 | TB(0) | CM(0)

年が変わっても馬くいかず・・・ 

年も変わったし運も変わっただろうと思ってはいたが・・・・・

こうもダメとは

有馬も何故か?オッズがちょっと変かなと思っただけでラストインパクト








年末の東京大賞典はローマンと心中と思っていたからしょうがないけど・・・

もう一段前3着にいた馬の位置に着けていれば・・・

スタートが大外だしなんかヤバいとは思ってましたけど後の祭り


そんなこんなで年末もダメで、昨年は買う馬券買う馬券当たらない最悪の馬券が当たらない年だった。

でも、愛車に駐車場のポールをヒットさせてた・・・・

嬉しいわけがない冗談ですが嫁にはブーブー文句言われるし、最悪の一年だったかも

今年は今年で最初の競馬がフェアリーステークス馬単1、2~の流しで運試し







結果はww

皆さん知ってるよね。

ここで重賞初Vってww

もっと早くに勝てそうだけど改めて騎手の世界は大変なんだなぁと思いました。

重賞未勝利といえば昔の愛馬Mアムンゼンに乗っていた嘉藤君も去年G1出たとき久しぶりにG1乗ったみたいで、

前回はMアムンゼンの菊花賞って書いてあってビックリしたのを思い出しました。

あの時の菊花賞~十年近く経ってるよねww

嘉藤君ガンバって本当に思ったよね


久しぶりに更新すると話が長くなってしまった。

次回もなるべく早く更新しヨット あ、この絵ボートだった(^^笑)
[2015/01/14 10:17] 競馬 | TB(0) | CM(0)







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。